電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

インビザラインのマウスピースを1日つけ忘れたら影響はある?

2024年7月6日
マウスピースを持っている人

こんにちは。島根県浜田市にある「かずあきデンタルクリニック」です。

「インビザラインのマウスピースをつけ忘れるとどうなるの?」「1日つけ忘れたらどうすればいい?」などといった疑問をおもちの方がいるのではないでしょうか。

インビザラインはマウスピースの着脱が可能なゆえに、どうしてもつけ忘れのトラブルが起こりやすいです。「せっかくインビザラインで動いた歯並びが台無しになってしまうの?」と不安になりますよね。

今回は、インビザラインのマウスピースのつけ忘れが起こりやすい場面やつけ忘れを防ぐポイント、マウスピースを1日つけ忘れたときの対処法などについて解説します。

インビザラインのマウスピースは1日何時間つける?

インビザラインのマウスピースは1日何時間つけるかイメージ

インビザラインを含む、マウスピースを使った歯列矯正では、歯を理想の位置まで移動させるために1日の装着時間が決められています。インビザラインの場合は1日20〜22時間のマウスピースの装着が推奨されています。「思ったよりも長い」と感じた人もいるかもしれません。

では、なぜこのように長時間のマウスピース装着が推奨されているのでしょうか。

歯を動かすためには、持続的に歯に力をかけ続ける必要があります。ワイヤー矯正のような歯の表面に矯正装置を固定するタイプの矯正方法であれば、装置をご自身で取り外せないので、24時間継続して歯に力をかけられます。

しかし、インビザライン矯正のようにご自身で装置の着脱ができるタイプの矯正方法だと、マウスピースを外している間は、歯に力をかけることができません。

そのため、マウスピースの装着時間が足りないと歯が思ったように動かない原因になり、理想の仕上がりにならなかったり、治療期間が延びたりする恐れがあります。

また、歯はマウスピースをつけていないと、元の位置に戻ろうとします。これを後戻りといい、どのような矯正方法でも起こるものです。マウスピースをつけていない状態が長く続くと、この後戻りが起こり、治療が台無しになるリスクがあるのです。

インビザラインのマウスピースを1日つけ忘れると

インビザラインのマウスピースを1日つけ忘れるとどうなるか考えている女性

インビザライン矯正中、気づいたら「今日1日マウスピースの装着を忘れていた」ということが起こるかもしれません。1日つけ忘れても歯並びに大きな影響があったり、治療期間が極端に延びたりすることはほとんどありません。

インビザライン矯正での1日あたりの歯の最大移動量は0.036mm程度であるため、マウスピースを1日つけ忘れた程度ではあまり影響はないといえます。

ただし、何日にもわたって装着をサボったり、装着時間が足りない日が多くなったりすると、歯が計画通りに動かなかったり、後戻りが起こるリスクが高まります。

インビザラインのマウスピースのつけ忘れが起こりやすい場面

インビザラインのマウスピースのつけ忘れが起こりやすい場面イメージ

日常生活のなかでどんなシーンでマウスピースのつけ忘れが起こるのでしょうか。具体的な場面を確認しておきましょう。

食後や歯磨きのあと

食事と歯磨きのときはマウスピースを外します。そのため、食後と歯磨き後はマウスピースをつけ忘れることが多いでしょう。マウスピース装着時は基本的に水以外は口にできません。

コーヒーやジュースをよく飲む方や、間食が多い方はその都度外すことになるので、その分、つけ忘れのリスクも高まるでしょう。

外食のとき

外食のときはマウスピースを装着し忘れたり、装着時間が足りなくなったりしやすいです。なぜなら、友人や同僚の方と会話をしながら食事を楽しんでいると、通常時よりも食事時間が長くなる傾向があるためです。マウスピースの装着時間が20時間に満たなくなることもあるでしょう。

また、外出先のお手洗いではマウスピースの洗浄が難しく、帰ってからつけようと考えてそのままつけ忘れるというケースもあります。目上の方との食事であれば、お手洗いに立つタイミングがなく、マウスピースをつけられなかったということもあるでしょう。

旅行のとき

旅行のときも飲食の回数が増えることが予想され、装着時間が短くなりがちです。旅行先にマウスピースを忘れてしまい、数日装着できないという可能性も考えられます。

新しいマウスピースに交換したとき

新しいマウスピースに交換したてのタイミングでは、歯並びと新しいマウスピースの間のずれが大きく、最初は違和感があったり痛みを感じたりすることがあります。その際に痛みがあるからといって何度も着脱を繰り返していると装着時間が足りなくなる恐れがあります。

インビザラインのマウスピースのつけ忘れを防ぐには

インビザラインのマウスピースのつけ忘れを防ぐイメージ

インビザラインのマウスピースのつけ忘れを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、インビザラインのマウスピースのつけ忘れを防ぐ方法をご紹介します。

・すでに習慣になっていることに組み合わせる
・リマインド機能を使う
・口腔ケアグッズを持ち歩く

それぞれ詳しくご紹介します。

すでに習慣になっていることに組み合わせる

マウスピースを忘れずにつけようとどれだけ意識していても、忙しかったりいつもと違う環境になったりするとうっかり忘れてしまうことはだれにでもあります。そのため、意識しないでもマウスピースをつけられるように習慣化してしまいましょう。

習慣化のポイントはすでに習慣になっていることに組み合わせることです。例えば、食後に必ず歯磨きをすることが習慣になっている人は、歯を磨いたら必ずその場でマウスピースをつけるなどとルールを決めておきます。

歯ブラシの横にマウスピースを置いておけば、必ず目に入るので間に余計な行動を挟むことも少なくなるでしょう。

リマインド機能を使う

スマートフォンのリマインド機能を使うのもよいでしょう。昼食が終わった13時ごろ、夕食後の21時というように通知がくるようにセットしておけば「マウスピースをつけないでうっかり寝てしまった」ということを最小限に防げます。

口腔ケアグッズを持ち歩く

マウスピースは汚れが付着するのを防ぐため、歯磨き後に装着することが推奨されています。そのため、外食や外出の際に、歯ブラシがないと家に帰ってからつけようと思い、装着時間が足りなくなったり、つけ忘れが発生したりします。

そのため、外出の際は必ず歯ブラシやマウスウォッシュを持ち歩くようにして、すぐにマウスピースをつけられる状態をつくるようにしましょう。

インビザラインのマウスピースのつけ忘れたときは

マウスピースと専用ケース

マウスピースを1日のつけ忘れた程度では治療に大きな影響はないでしょう。気づいたときに速やかにマウスピースを装着し、今後忘れることがないように、上の項目でご紹介した、マウスピースのつけ忘れを防ぐ対策を行なってください。

数日〜1週間程度の長いつけ忘れは、歯並びに変化が起こっている可能性が高く、マウスピースが合わないことがあります。そのため、つけ忘れていたことを歯科医師に相談し、どのような対応をすべきか指示を仰いでください。

1つ前にしていたマウスピースを装着したり、マウスピースを作り直したりするなどして対応します。自己判断で使用を続けると歯に正しく力がかからないこともあるので注意が必要です。

何度もつけ忘れが起こり装着時間を守れない場合は、固定式のワイヤー矯正に変更したほうがいいケースもあるでしょう。

まとめ

マウスピースを装着しようとしている女性

インビザラインで使用するマウスピースは着脱が可能なため、矯正期間中でも食事の楽しみを失うことなく、口内ケアも快適に行えます。

しかし、着脱ができるゆえにマウスピースのつけ忘れのリスクもあるのです。しっかり歯を動かすためには1日に20〜22時間のマウスピースの装着が推奨されています。

これを守れなければ、計画通りに歯が動かなかったり後戻りが起こったりして、治療期間が延びる、または治療計画を立て直さなければいけなくなる恐れがあります。マウスピースを1日つけ忘れた程度ではあまり心配する必要はありません。

ただし、数日〜数週間つけ忘れると歯並びに影響がでる可能性があるため、その場合は歯科医師に相談してください。

インビザラインを検討されている方は、島根県浜田市にあるかずあきデンタルクリニックにお気軽にご相談ください。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0855222719へ

診療時間
9:00~13:00
15:00~18:00
/
/
/
/
学会などの都合により休診になる場合がございます
ご予約・お問い合わせはこちら
かずあきデンタルクリニックの外観
フッターオファー
© 2020 かずあきデンタルクリニック