Tag Archives: 種類

インビザラインのゴムかけとは?やり方と注意点について詳しく解説!

2023年2月22日
マウスピースを持った笑顔の女性

こんにちは。島根県浜田市にある「かずあきデンタルクリニック」です。

インビザラインのゴムかけとは、ゴムの引っ張る力を利用して噛み合わせを調整する治療法です。マウスピースだけでは動かせない歯も、ゴムの力によって矯正が可能になります。

今回は、インビザラインのゴムかけのやり方と注意点について詳しく解説します。

インビザラインのゴムかけとは?

インビザラインのマウスピースを白いグローブで持っている

インビザラインのゴムかけとは、マウスピースや歯にゴムをひっかけて、その力を利用して矯正力を高める方法です。使用するゴムは「顎間ゴム」や「エラスティックゴム」と呼ばれています。

マウスピースだけでは矯正できない歯も、ゴムかけをすることで動かせるため、歯科矯正において非常に重要な役割があります。特に、出っ歯や受け口など、歯が大きく飛び出しているような症例に有効です。インビザラインだけでなく、ワイヤー矯正でもほとんどの症例においてゴムかけを実施します。

ゴムかけの方法は、マウスピースに切れ目(プレシジョンカット)を入れたり、歯にボタンと呼ばれる突起物をつけたりして、ゴムをひっかける場所を作ります。ゴムの太さや長さには種類があり、患者さんの状態に合わせて選びます。ゴムかけで使用するボタンは、金属製や樹脂製、またはフックがついているものがあり、歯を動かす方向などで使い分けます。前歯のゴムかけは目立ちやすいため、透明な樹脂製を使うことがほとんどです。

インビザラインと同様にゴムも取り外し可能ですが、1日20〜22時間以上つける必要があるため、マウスピースの着脱タイミングと一緒にゴムかけもおこなうといいでしょう。

なお、ゴムは毎日交換するため、衛生的に使用できます。

インビザラインのゴムかけの種類

患者の口内を診察している歯科医師

インビザラインのゴムかけは、症例に合わせて使用するものが異なります。それぞれの名称について、特徴と合わせて紹介します。

〈インビザラインのゴムかけの種類〉

名称 特徴
Ⅱ級ゴム Ⅱ級=出っ歯(上顎前突)
上の前歯が下の歯よりも前方に出過ぎている「出っ歯」の治療で使用するゴムかけです。
上の前歯と下の奥歯にゴムをかけることで、上の歯を後ろに引っ張ります。
上は犬歯付近(前から3番目)、下側は第一大臼歯付近(前から6番目)を使ってゴムをひっかけます。
Ⅲ級ゴム Ⅲ級=受け口(下顎前突)
下の前歯が上の歯よりも飛び出ている「受け口」の治療で使用するゴムかけです。
下の前歯から上の奥歯にゴムかけをし、下の歯を後ろに引っ張ります。
下は犬歯付近(前から3番目)に、上は第一大臼歯付近(前から6番目)を使用することがほとんどです。
垂直ゴム 垂直ゴムは「上と下の犬歯」のように、上下同じ歯にゴムかけをします。ゴムが縦に垂直になることから垂直ゴムと呼ばれています。
歯を引っ張り出す「挺出」の動きが必要な場合に有効です。
奥歯を噛み合わせたときに上下の前歯に隙間ができる「開咬」などの治療に用いられます。
交叉ゴム(クロスゴム) 上の歯が下の歯よりも内側に入っている交叉咬合(クロスバイト)や、上下がすれ違って噛み合わない鋏(はさみ)状咬合(シザーズバイト)で用いられるゴムかけです。
噛み合わせがずれている部分の上下の歯にゴムかけをおこないます。
垂直ゴムと同様に上下の同じ歯に取り付けますが、上下の歯のずれを治すため「上は表側、下は裏側」などクロスになるように装着します。

インビザラインのゴムかけのタイミングと期間

上向きの矢印が書かれた3つの木製のブロック

インビザラインのゴムかけは、ある程度歯列が整ったあと噛み合わせを調整する段階でおこなうことがほとんどです。

ただし、患者さんの歯列や噛み合わせによって、インビザライン開始直後から使用する場合もあります。

ゴムかけの期間は、約2〜3か月です。装着時間が短い日が続いたり歯が動きにくかったりする場合、ゴムかけの期間が延びる可能性があります。

インビザラインのゴムかけのやり方

歯科医院で治療を受けている長髪で笑顔の女性

ゴムかけは、インビザラインの取り外しと一緒におこなうため、毎日自分で取り付けなければなりません。

基本的なゴムかけのやり方は、以下のとおりです。

1.鏡を見て、プレシジョンカットやボタンの位置を確認する

2.上下のプレシジョンカット、またはボタンにゴムをひっかける

ゴムの種類によって着脱しやすい方法が異なります。以下に解説しますので、参考にしてみてください。

〈種類別 ゴムかけのポイント〉

名称 方法
Ⅱ級ゴム 上下間の差をなくすように、上顎を後ろに引く。
Ⅲ級ゴム Ⅱ級とは逆に、下顎を後ろに引いて上下の差を減らす。
垂直ゴム 前歯付近に装着することが多いため、ほかのゴムに比べて着脱しやすい。鏡を見ながらおこなう。
交叉ゴム(クロスゴム) マウスピースを装着する前にあらかじめゴムかけをしておく。
奥歯の表側と裏側にゴムをかける必要があるため、最も難しいゴムかけの種類。マウスピースを装着してからゴムをかけることは困難なため、事前にゴムかけをしておくとスムーズに装着ができる。
インビザラインを歯にはめる際に、ゴムが取れてしまう可能性があるため、鏡を見ながら慎重におこなう。

 

手指だけでゴムをかけることが難しい場合は、エラスティックホルダーという補助具を使用するのも一つの手です。エラスティックホルダーとは、先端にフックがついており口内に触れることなくゴムかけができるため、便利で衛生的といえます。

インビザラインのゴムかけに関する注意点

びっくりマークの木のブロック

インビザラインのゴムかけは、以下のような点に注意しましょう。

装着忘れに注意する

インビザラインと同様に、食事や歯磨きをする際にゴムを外しますが、つけ忘れに注意してください。

ゴムかけの装着時間は1日20〜22時間以上です。装着時間が短くなると、噛み合わせの調整が進まなくなり、当初の治療計画とずれてしまう可能性があります。インビザラインを装着する際、同時にゴムかけができるように、ケースにマウスピースと一緒に保管するといいでしょう。

毎日新しいものに交換する

インビザラインに使用するゴムは、一度使うと劣化するため、毎日交換する必要があります。ゴムが傷ついたり伸縮性が悪くなると、歯にかかる力が弱くなります。十分な効果が得られなくなるので、連続して使うことはやめましょう。

また、左右どちらかのゴムが切れた場合は、両方とも新しいものに交換してください。左右で引っ張る力に差が出てしまうためです。1日1回、朝食後や就寝前など毎日決まったタイミングで交換すると、習慣化しやすく忘れずに取り替えることができるでしょう。

予備のゴムを持参する

外出時はゴムが切れたときのために、予備のゴムを持参しましょう。

笑ったときやあくびをしたときは口が大きく開くため、ゴムが切れやすくなります。外出中にゴムが切れたり外れたりすると、帰宅するまでゴムかけができなくなります。また、何度も大きく口を開けたり閉めたりしていると、1日経たずにゴムが緩くなることもあります。予備のゴムを持参しておくとすぐに交換ができるので、装着時間が下回る心配もありません。

インビザラインのゴムかけは1日20〜22時間以上おこなう必要があるため、装着時間が短いと治療が計画どおりにすすまない場合があります。治療の仕上がりをよくするためにも、不測の事態に備えて外出時は予備のゴムを持参しましょう。

誤って違うゴムを使用しない

インビザラインのゴムかけは太さや長さに種類があるため、使用するゴムを間違える危険性があります。

インビザライン同様、ゴムかけも自己管理が重要な治療の一つです。間違えて違うゴムを使用することがないよう、使わないゴムは保管場所を別にしておくなど対策をとりましょう。

自己判断でゴムかけを中止しない

ゴムかけは、慣れるまでに1〜2週間ほど時間がかかることがあります。痛みや違和感からゴムかけをやめてしまうと、計画どおりに歯が動かなくなります。

日常生活に支障が出るほど症状に悩まされている場合は、自己判断せず必ず医師に相談しましょう。

ボタンが取れたら医院に連絡する

ゴムかけの力は強いため、歯に装着しているボタンが取れてしまう場合があります。その場合は、すぐに歯科医院に連絡してください。ゴムかけをしていない時間が長くなると、治療計画に乱れが生じる可能性があります。

まとめ

水色の背景にインビザラインと保管ケースと治療器具が置かれている

インビザラインのゴムかけは、歯の位置を正確に調整することが可能で、矯正治療において非常に重要な役割を担っています。理想の歯並びを目指すには、ゴムかけの注意点に気を付けながら適切に装着することが必要です。

インビザラインやゴムかけについてお悩みがある方は、島根県浜田市にあるかずあきデンタルクリニックにお気軽にご相談ください。